リンクに勝手に打ち消し線が入る時の対処法

ブログ記事などで必須となるリンク機能

外部サイトを参照する場合など皆さんリンクを文字に埋め込んでいると思います。

WordPressユーザーの方は「Broken Link Checker」などのプラグインを使っている方も多いのではないでしょうか?

このプラグインは参照先のリンクが切れた場合や、リンク自体が間違えていた場合リンクエラーとしてまとめてくれる便利なプラグインです。

記事内のリンク切れがあると、記事のクオリティがグッと下がり、ユーザーの満足度も下がってしまいます。

私も、このプラグインを愛用してます。

このプラグインはリンクエラーがあると、赤枠のような打ち消し線を入れてくれます。

リンク打ち消し線

しかし、たまにリンクが間違っていないのにリンクエラーとなってしまう場合があるようです。

その場合、リンクエラーではない、ということを示してあげれば打ち消し線を消すことができます。

まずは、ツールのリンクエラー一覧にいきます。

リンクエラー一覧

リンクエラーが並んでいると思います。

そこから、該当するリンクエラーミスのページを探し、「リンクエラーでない」をクリック。

リンクエラー解除

再度、確認してみると...

リンクエラー解除後

打ち消し線が消えています。

リンクに勝手に打ち消し線が入っており、リンクチェッカー系のプラグインを使っている場合は

まずはリンクエラーを確認してみてください。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です