VSCodeのプレークポイントが止まらない時の対処法


今回はVSCodeについて。

このVSCode、とても使いやすく特に困ったことはありませんでした。

でも、ブレークポイントが効かないということに気づきました。

僕は、printとかplotで、デバッグしていたので今まで気づきませんでしたが、

ブレークポイントを使ってみようと思ったところ、全然止まらなかったです!!

根本的な原因は分かりませんが、ブレークポイントで止まる方法を見つけたので紹介します。

まずは、launch.jsonファイルを開いて、以下のコードを追加します。


{
"name": "Python: Current File",
"type": "python",
"request": "launch",
"program": "${file}",
"console": "integratedTerminal",
"stopOnEntry": true
},

次に、止めたい行の左側をクリックすることでブレークポイントを追加してください。

ブレークポイントを追加した写真

この時の注意として、空行にブレークポイントを設定しないでください!(止まりません)

次に、左のメニューバーから実行メニューを開いてください(ショートカット:Ctrl+Shift+D)

すると、上部のプルダウンメニューバーが確認できると思います。

そこから、Python: Current Fileを選択してください。

後は、プルダウンメニューの左の三角ボタンもしくはF5でデバッグを実行しましょう。

ブレークポイントが止まっている画像

これで、しっかりブレークポイントで止まりました!

皆さんも試してみてください!

<合わせて読みたいVSCodeに関する記事はこちら>

Sponsored Link

One thought on “VSCodeのプレークポイントが止まらない時の対処法

  1. Pingback: VSCodeで文字化けするときの対処法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です