VScodeの自動整形をOFFにする「import文の順番が勝手に変わる」

今回はVS Codeの問題点について。

コーディングには基本的にVSCodeというエディタを使っています。

このVSCode、とても使いやすく特に困ったことはありませんでした。

しかし、自作のモジュールを使うときに困ったことがありました。

自作モジュールを使う場合、以下の分を冒頭にいれる必要があります。

import sys
sys.path.append("./../../mymodule")

その下から自作のモジュールをインポートしていました。

from mymodule import module

ですが、このプログラムを実行しようとすると

from mymodule import module
import sys
sys.path.append("./../../mymodule")

入れ替わる!?

調べたところ、ファイルの実行時にはまずファイルの保存が行われます。

その時、自動で文章が整形されてしまい入れ替わってしまってるようでした。

そこでファイル保存時の自動整形をOFFにします。

設定は簡単です。

メニューの「ファイル」→「基本設定」→「設定」へいきます。

ユーザータブで「formaton」で検索します。

後はEditor:Format On Saveのチェックボックスを外します。

Format On Save

いったんVSCodeを再起動して、実行してみてください。

入れ替わることなく実行されると思います。

他にも対処法があるかもしれませんし、自動整形で入れ替わってしまうということは文章自体に問題があるのかもしれません。

とりえあず、動いたのでお困りの方は試してみてください。

<合わせて読みたいWordPressに関する記事はこちら>

Sponsored Link

One thought on “VScodeの自動整形をOFFにする「import文の順番が勝手に変わる」

  1. Pingback: VSCodeの実行が遅いときの対処法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です