VSCodeの検索範囲(Ctrl+shift+F)を指定する


VSCodeでの単語検索についてのちょっとした工夫を紹介します。

皆さんプログラムやファイルに特定の単語が入っているかどうかの検索にCtrl+Fを使っていると思います。
VScodeの検索画面

VSCodeでは更にCtrl+shift+Fでフォルダ内のすべてのファイルに検索をかけることができます。

この時に、すべてのファイルに検索対象を広げると、無駄なファイルやフォルダまで検索されてしまい時間がかかります。

また、DropBoxなどのクラウドを使っている場合、勝手にダウンロードされたりしてしまうなどの問題も発生します。

そんな時には、下段の除外するファイルに検索してほしくない場所やファイルを追加することで検索を防ぐことができます。

上の図のように除外するファイルに検索したくないファイルなどを記述しましょう。

この例だと、csvファイルとwavファイルの検索と/dataフォルダとtest/dataフォルダ以下にある全てのファイルの検索を除外してくれます。

このようにすることで検索スピードUPやダウンロード防止ができます。

みなさんもぜひどうぞ!!

Sponsored Link
Tagged on: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。