「それ、pythonでできるよ」-動画のトリミング-


前回に引き続き「それ、pythonでできるよ」シリーズ

pythonには様々なライブラリが開発されており、あらゆることが手軽にできます。

今記事は簡単なことはpythonでやってしまおう!!という精神の記事です。

今回は「python動画編集」シリーズその2

動画の編集ソフトは有料ソフトから無料ソフトまでたくさんあり、無料でも高性能なソフトはありますが、

環境構築やストレージの問題などお手軽ではないかもしれません。

その中で、動画編集で頻繁に使われる、動画のトリミングをpythonで行います。

クロップともいうらしいのですが、どちらが一般的なのでしょうか?

とりあえず解説していきます。

MoviePy

今回はMoviePyというライブラリのVideoFileClipを使います。

動画のトリミングしたい部分を画像のビットマップ座標で指定してトリミングします。

イメージはこんな感じ

まずはMoviePyをインストールします。

pip install moviepy

後は以下のコードをコピペ。あらかじめ動画プロパティからトリミングしたい部分を決めておきましょう。

from moviepy.editor import *

file_path = "sample.mp4"#トリミングしたい動画のパス

X_start= 200#切り出しのスタートx座標

Y_start = 0#切り出しのスタートy座標

X_length = 1700#X_startからの切り出す長さ

Y_length = 1440#Y_startからの切り出す長さ

save_path = "sample_crop.mp4"#保存先のパス

video = (VideoFileClip(file_path).crop(x1=X_start,y1=Y_start,x2=X_length,y2=Y_length))#トリミング実行

video.write_videofile(save_path,fps=29) #保存

前回同様、非常に簡単です。

皆さんもぜひ試してみてください。

次は何をしようか?

無料の編集ソフトなら「AviUtl

参考書や情報が豊富で有料版にそん色ない高機能ソフトです。

Sponsored Link

3 thoughts on “「それ、pythonでできるよ」-動画のトリミング-

  1. Pingback: pythonで動画に字幕を追加する「それ、pythonでできるよ」

  2. Pingback: pythonで動画を切り出す「それ、pythonでできるよ」

  3. Pingback: 「それ、pythonでできるよ」-動画の連結-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です