LaTex graphicxパッケージが使えないとき

今回はLaTexで論文を書こうと思ったときに遭遇した問題を解決したのでシェアします。

この度自分の研究で,ある研究会に論文を提出しようと思ってまして,ホームページで用意されているスタイルファイルをダウンロードして使ってました.

LaTexで論文を書くときに文章の種類を指定するために1行目に文書クラスというものをdocumentclassで宣言します.しかし,これは新しいバージョンらしくいわゆるLaTeX 2eというやつらしいです.

この度ダウンロードしたスタイルファイルが古いバージョンLaTeX 2.09対応でdocumentstyleで宣言するタイプなのですが,こちらのバージョンでは図の挿入によく使われるgraphicxパッケージが使えませんでした.

ですので,古いバージョンLatex2.09での図の挿入方法を調べましたがあまり情報が出回ってなく苦労したので再度周知しとこうと思います.

解決方法はそんなに難しくありません.以下のサンプルコードのようにすれば図が挿入できました.

\documentstyle[11pt,epsf]{jarticle}
\begin{document}
\begin{figure}
 \begin{center}
%    大きさを指定する時(縦横比を変えられる)
%    \epsfxsize=9cm   % 横の長さ
%    \epsfysize=7cm % 縦の長さ(縦横比を変えないなら省略できる)
   \epsfbox{sample.eps}
 \end{center}
   \caption{sample}
\end{figure}
%
\end{document}

documentstyleのオプションにepsfを指定して\epsfbox{sample.eps}で挿入できます.注意点としてepsf.styというスタイルファイルを ユーザースタイルファイルを置いてあるディレクトリーに置いておく必要があります.

これだけで簡単に図が挿入できました.

おそらく未だに古いバージョンLatex2.09でスタイルファイル等を提供している研究会などが存在してるでしょうから,その方たちに役に立てばと思います.

こちらが参考にさせてもらったサイトです.(Texに写真を取り込むの所です)

ありがとうございました.

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です